ニュースセンター

フランジ製品紹介

2020-05-14

フランジは、単に一般的な用語であるフランジと省略されます。これは通常、他のものを接続するために、ディスク状の金属ボディの周囲にいくつかの固定穴が作られていることを意味します。この物は機械的に広く使われているので、フランジ、その名前は英語に由来しています。

フランジ product introduction

フランジ is also called フランジ or フランジ. The parts connecting the pipe and the pipe are connected to the pipe end. There are holes in the フランジ, and the bolts tightly connect the two フランジs. The フランジs are sealed with gaskets. フランジ is a disc-shaped part, the most common in pipeline engineering, フランジs are used in pairs. In pipeline engineering, フランジs are mainly used for connection of pipelines. At the end of the two pipes that need to be connected, install a フランジ each. Low-pressure pipes can use wire フランジs, and welding フランジs for pressures above 4 kg. Add a gasket between the two フランジs, and then tighten with bolts.

異なる圧力 フランジsは厚さが異なり、異なるボルトを使用します。

ウォーターポンプとバルブがパイプラインに接続されると、これらの機器の一部も対応するようになりますフランジ shapes, also called フランジ connection.

Any connecting parts that are bolted on both sides and closed at the same time are generally called "フランジs". For example, the connection of ventilation pipes, this type of parts can be called "フランジ parts".

スレッドフランジ is a kind of フランジ. The connection structure of the threaded フランジ is a combination, which is composed of a pair of フランジs, a number of bolts, nuts and a gasket.